こんにちは、ハブクリエイト宮古島のHです。久しぶりの投稿になります。本日の綾道は、「尻間御嶽」です。
場所は宮古島市役所に隣接する住屋遺跡の東側にあります。

『薙正旧記』には、この御嶽について、次の様な記述があります。
昔、下里村すみやという所に「こいとの」という人がいた。この人は年頃になっても子供がなかったので悲歎にくれていたが、神仏に祈願したかいあって、間もなく女子一人生まれたので、名を「まんなふ」とつけて寵愛した。所がこの子七歳の時、母が死んだので、「こいとの」は是非なく、継妻をむかえた。この母が悪心の者で、何とかして「まんなふ」をなきものにせんと計り、或日、父が他所へ行った時を見はからい、「まんなふ」を誘い出し、尻間山のあぶに投げ入れたが、ちょうどあぶの中にはかづらが生い繁っていたので底まで落ちず「まんなふ」はかづらにすがって七日七夜泣きさけんでいた。
その時、あぶの上に天神が天降りになって「まんなふ」を抱きとり、雲の上に昇天した。その後、しばらくして、天神は「まんなふ」をともなって再び下界に姿を現し、下界の者共、親類不和をいたし先祖祭を怠る者は神剣を以てこれを罰せんと御戒めになり、かきけすように上天した。其の後、人々は「まんなふ」を神つかさに立て、神事を行うようになり 尻間山は天神跡を垂れ給う所として御嶽をたて祭るようになった。尚この御嶽は尻間里の里御嶽としても、今尚あつく信仰 されています。又、受験の時等に各地から拝みにくるといわれています。

・宮古島のホームページ制作会社です、ホームページの制作はハブクリエイト宮古島で!
http://www.miyakojima.asia/

投稿者プロフィール

hubcreate385